東京都内の夜間・深夜往診ならファストドクター【Fast DOCTOR】

医師が自宅へ診察に伺います
健康保険適用の都内限定・夜間救急サービスです

本日の受付終了致しました

発熱、嘔吐、耳の痛みなど ご自宅で診察し、その場で数日分の処方薬をお渡しします。(保険適用)

玄関口やエントランスでの診察

お部屋の中での診察に抵抗感がある患者さまには、
玄関口やエントランスでの診察も承っております。

メールで予約する

受付時間外はメールで
ご連絡ください

ご相談だけでもご連絡ください

03-4405-6613

月~土曜日 20:00-24:00
日曜日 16:00-24:00

最短30分でお伺いいたします。

診療の流れ

子ども編(発熱)49秒
大人編(ねんざ)43秒

発熱、咳、痰、頭痛、ギックリ腰、ケガなど様々な症状に対応します。
インフルエンザや溶連菌などの迅速検査も行っています。

待合室で長時間待つ必要はありません。
ご自宅でゆっくりお待ちください。
最短30分でお伺いします。

  1. Point.1

    全員、現役の医師
    なので安心。

    医師陣は100%現役。
    最新の知識、考え方をもつ一流の医師陣が
    夜間救急出来る環境を実現しています。
    医師の品質、これがFast DOCTORのこだわりです。
  2. Point.2

    健康保険
    適応されます。

    小学校入学後〜69歳:自己負担3割
    70歳以上:自己負担1〜3割
    ※東京23区は中学3年生まで
    保険診療費(医療費)は無料です。
  3. Point.3

    即日処方
    対応します。

    解熱鎮痛薬、抗生物質をお渡しできます。
    その他、処方せんの発行も可能です。
    エリアによって処方せん発行から
    お薬宅配まで行えます。
    2回目からは遠隔診療での
    お薬処方も可能です。

メールで予約する

受付時間外はメールで
ご連絡ください

ご相談だけでもご連絡ください

03-4405-6613

月~土曜日 20:00-24:00
日曜日 16:00-24:00

最短30分でお伺いいたします。

診察料の目安

30代男性の場合(症状:発熱):保険適応3割負担

診察料 3,006円〜
処方薬 実費(薬局と同じ料金)
交通費 1,400円

時間帯、処置の有無によって変わります。

15歳までの義務教育就学児の場合(症状:喉の痛み)保険診療費 無料

診察料 無料(医療助成)
処方薬 無料(医療助成)
交通費 1,400円

乳幼児・義務教育就学児は東京都の助成制度があります。
こちらを事前にご確認ください。

東京23区は中学3年生まで保険診療費(医療費)は無料です。

診療提供エリア

下記、エリアにて展開しております。順次拡大をしていきます。
小児は23区全てに対応しております。

サービス提供エリア

成人の場合は地図の区に対応しております。
一部往診エリア外の地域がありますので、
お電話にてご確認ください。

交通費一律1,400円

支払は現金・クレジットカード
(VISA・MasterCard・AmericanExpress)に
対応します。

メールで予約する

受付時間外はメールで
ご連絡ください

ご相談だけでもご連絡ください

03-4405-6613

月~土曜日 20:00-24:00
日曜日 16:00-24:00

最短30分でお伺いいたします。

医療スタッフの紹介

内科・外科・小児科・整形外科に対応しています。
往診する際は医療補助スタッフと2名でお伺い致します。

医師 菊池 亮
(整形外科・内科)

医師 名倉 義人
(救急・内科)

医師 田中
(小児科・内科)

医師 大西
(内科)

医師 山下
(小児科)

医師 秋山真美
(脳神経外科)

看護師 安川夢香
(医療補助)

メディア掲載

様々なメディアに取り上げて頂いております。

産経ニュース

朝日新聞

東洋経済ONLINE

読売新聞

PRESIDENT Online

時事通信社

医療コラム

Fast DOCTOR事務局が様々な医療情報をまとめた記事を更新していきます。

IMG_2692

テレビ東京『夕方サテライト』に放映されました

こんにちは、ファストドクターです。 平成29年6月8日、テレビ東京『夕方サテライト』という番組内で、ファストドクターの取組みを紹介して頂きました。 往診型救急クリニック立ち上げてから約1年が経ちました。私たちは、真摯に医療の質を追求しています。当初は資金面で叶いませんでしたが、ようやくポータブルX線...

つづき

IMG_2686

雑誌『病院羅針盤』に掲載されました

こんにちは、ファストドクターです。 雑誌『病院羅針盤』に、ファストドクターの取組みを掲載して頂きました。 『夜間救急に新たな選択肢を、夜間往診専門のクリニック』と題して5ページに及ぶ記事になりました。記事は、弊社代表取締役医師の菊池 亮が取材を受けた際の内容がインタビュー形式にまとめられています。 ...

つづき

医療情報の適切な取り扱い方

こんにちは、ファストドクターです。 医療用メッセンジャー「MEDILINE」を手がける、シェアメディカル社・峯社長との対談記事が、 医療メディアのLINQUAに掲載されました。 https://linqua.jp/connect/case002/ 医療情報の取り扱いは、近年厳格に取り締まられており、...

つづき

質の高い医療とは

こんにちは、ファストドクターです。 医療の質について考えるとき、何を基準にして判断すれば良いのでしょうか? 治療成績、待ち時間、検査の充実度、ホスピタリティなど様々な判断指標がありますが、医療に関してアメリカで最も権威ある学術機関である米国医学研究所(Institute of Medicine; I...

つづき