東京都内の夜間・深夜往診ならファストドクター【Fast DOCTOR】

医師が自宅へ診察に伺います
健康保険適用の都内限定・夜間救急サービスです

玄関口やエントランスでの診察

お部屋の中での診察に抵抗感がある患者さまには、
玄関口やエントランスでの診察も承っております。

メールで予約する

受付時間外はメールで
ご連絡ください

ご相談だけでもご連絡ください

03-5225-2920

繋がりにくい場合は(03-5229-7078)
月~日 20:00-24:00

最短30分でお伺いいたします。

診療の流れ

子ども編(発熱)49秒
大人編(ねんざ)43秒

発熱、咳、痰、頭痛、ギックリ腰、ケガなど様々な症状に対応します。
インフルエンザや溶連菌などの迅速検査も行っています。

待合室で長時間待つ必要はありません。
ご自宅でゆっくりお待ちください。
最短30分でお伺いします。

  1. Point.1

    全員、現役の医師
    なので安心。

    医師陣は100%現役。
    最新の知識、考え方をもつ一流の医師陣が
    夜間救急出来る環境を実現しています。
    医師の品質、これがFast DOCTORのこだわりです。
  2. Point.2

    健康保険
    適応されます。

    小学校入学後〜69歳:自己負担3割
    70歳以上:自己負担1〜3割
    ※東京23区は中学3年生まで
    保険診療費(医療費)は無料です。
  3. Point.3

    即日処方
    対応します。

    解熱鎮痛薬、抗生物質をお渡しできます。
    その他、処方せんの発行も可能です。
    エリアによって処方せん発行から
    お薬宅配まで行えます。
    2回目からは遠隔診療での
    お薬処方も可能です。

メールで予約する

受付時間外はメールで
ご連絡ください

ご相談だけでもご連絡ください

03-5225-2920

繋がりにくい場合は(03-5229-7078)
月~日 20:00-24:00

最短30分でお伺いいたします。

診察料の目安

30代男性の場合(症状:発熱):保険適応3割負担

診察料 3,006円〜
処方薬 実費(薬局と同じ料金)
交通費 1,400円

時間帯、処置の有無によって変わります。

15歳までの義務教育就学児の場合(症状:喉の痛み)保険診療費 無料

診察料 無料(医療助成)
処方薬 無料(医療助成)
交通費 1,400円

乳幼児・義務教育就学児は東京都の助成制度があります。
こちらを事前にご確認ください。

東京23区は中学3年生まで保険診療費(医療費)は無料です。

診療提供エリア

下記、エリアにて展開しております。順次拡大をしていきます。
世田谷区・品川区・渋谷区・新宿区・中央区・
千代田区・文京区・港区・目黒区・杉並区・
中野区・豊島区・練馬区・板橋区・北区・江東区・台東区・墨田区に対応しております。

サービス提供エリア

板橋区・北区・江東区・墨田区は
一部往診エリア外の地域がありますので、
お電話にてご確認ください。

交通費一律1,400円

支払は現金・クレジットカード
(VISA・MasterCard・AmericanExpress)に
対応します。

メールで予約する

受付時間外はメールで
ご連絡ください

ご相談だけでもご連絡ください

03-5225-2920

繋がりにくい場合は(03-5229-7078)
月~日 20:00-24:00

最短30分でお伺いいたします。

医療スタッフの紹介

内科・外科・小児科・整形外科に対応しています。
往診する際は医療補助スタッフと2名でお伺い致します。

医師 菊池 亮
(整形外科・内科)

医師 名倉 義人
(救急・内科)

医師 石川 雅敏
(内科)

医師 大西
(内科)

医師 笹本
(小児科・内科)

看護師 安川夢香
(医療補助)

お客様の声

夜間救急を選んだお客様の声を掲載します。

  • 加瀬さん

    加瀬さん

  • 新藤さん

    新藤さん

  • 牧田さん

    牧田さん

  • 佐藤さん

    佐藤さん

  • 今井さん

    今井さん

  • 遠藤さん

    遠藤さん

  • 大関さん

    大関さん

メールで予約する

受付時間外はメールで
ご連絡ください

ご相談だけでもご連絡ください

03-5225-2920

繋がりにくい場合は(03-5229-7078)
月~日 20:00-24:00

最短30分でお伺いいたします。

メディア掲載

様々なメディアに取り上げて頂いております。

産経ニュース

朝日新聞

東洋経済ONLINE

読売新聞

PRESIDENT Online

時事通信社

医療コラム

Fast DOCTOR事務局が様々な医療情報をまとめた記事を更新していきます。

♯8000 小児の救急電話相談とは

こんにちは、ファストドクターです。 本日は小児の救急電話相談についてお伝えします。 小児救急電話相談(#8000)とは、厚生労働省が所管となって実施しており、夜間や休日に起こる急な子供の病気やケガなどの際、短縮番号#8000に電話をかけることで、専任の看護師・保健師・医師から適切なアドバイスが受ける...

つづき

歩けなかった人が、歩ける時代へ

こんにちは、ファストドクターです。 CYBERDYNE株式会社が、8月下旬から世界初のロボット治療機器「HAL(R)医療用下肢タイプ」のレンタル販売を開始すると発表しました。 HAL(R)医療用は、緩徐進行性の神経・筋疾患に対する進行抑制治療にて、歩行機能の改善効果が示された新医療機器として、201...

つづき

高齢者を取り巻く、夜間の救急医療事情について

こんにちは、ファストドクターです。 救急車の出動件数は年々増加しており、平成26年の東京消防庁の報告では、交通事故を除く日常生活内における事故によって、約12万7000人が救急搬送されています。救急搬送の半数以上は高齢者で、この5年間で約13000人増となっています。さらにその内訳を見ると、半数以上...

つづき

小児に特化した医療相談サービス

こんにちは、ファストドクターです。 8月22日、厚生労働省が、子どもの病気やけがに関する医療相談を受け付けている「小児救急電話相談事業」を通じて集めた情報について、一元的に集約するデータセンターの設立を検討していることが分かりました。 小さなお子さまをもつご家族の不安は大きなもので、その反面、相談窓...

つづき